jメール 会うコツ

本当に出会える口コミ評価の高い出会い系サイト紹介しています。
大手が運営しているサイト安全性に優れた優良出会い系サイトはコチラです!!

PCMAX
アドレス・連絡先交換OK!!
会員数も400万人を突破し、アクティブユーザーも多く連日盛り上がっています。
中高年(シニア)・既婚者同士の大人の出会いも出来、ログイン中の女性の写メ一覧を無料で見ることが出来ます。
PCMAX
ハッピーメール
10代から50代と幅広い年齢層
常時350万人以上、プロフィール閲覧無料。
ポイント消費が少なく使いやすく真面目な出会いも大人の出会いも出来ます。
ハッピーメール
ミントC!Jメール
キャッシュバック制アリ
他の出会い系サイトと比べ、男女の出会いにコンセプトを置きサービス・機能を提供。会員数は450万人
女性誌に広告もたくさんうっているため新規会員も増加中。
ミントC!Jメール

11月末IMF(国際通貨基金)が、中国人民元をSDRに採用すると決定した報道を目にしました。SDRとは特別引き出し権と訳されるようですが、この決定により、人民元はドル、ユーロ、円、ポンドと並んで国際通貨の地位を勝ち取ったことになるとのこと。

国際通貨の地位を勝ち取った中国から見れば、中国経済の規模が拡大し、世界の貿易に占める割合が飛躍的に増えたことにより、世界の中の一定の地位を確保できたことが国際的に認知され、実に誇らしいことだと思います。ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンから、中国への自動車輸出についてドルの変わりに元立てで決済を行う準備を始めるという発表があり、元の通貨としての地位の高まりを示す報道もなされています。

しかし、中国の人民元は、取引において中国政府の厳しい制限が課せられています。たとえば、元とドルを交換する場合は、中国人民銀行の設定するレートが使われることになっており、自由競争を原則とする世界市場において、自由な取引が保証されている通貨とはいえません。

そんな中、今回IMFが、あえて人民元のSDR採用を決定したのは、自由取引が保証されていない人民元を国際金融のルールの中に入れてIMFによる人民元改革を進めたいという思惑があるからのようです。中国政府が今回の決定を受けて人民元の改革を進めて、世界の経済が安定する方向に動けばいいなと思うのですが、本当に、中国政府が改革を進める気があるのかなぁという不安があります。中国が自身の便益のみを考慮し、人民元の改革を進めず、一方でささやかれている中国経済の衰退の危機による影響を受ける範囲だけが拡大することにだけはならないでほしいと願っています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP